INGRESS イングレス

信じるな。

2018年10月 フジテレビ「+Ultra」にて放送開始!

NEWSINTRODUCTIONSTAFFMOVIE

NEWS

2018.06.18:「Anime Expo 2108」にて、「+Ultra」トークイベント開催!TVアニメ『イングレス』監督&スタッフが登壇!

7月5日(木)~8日(日)(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスにて開催される、世界最大級のアニメイベント「Anime Expo 2018」にて、2018年10月より放送がスタートするフジテレビの新たなアニメ放送枠「+Ultra」より、TVアニメ『イングレス』と『revisions リヴィジョンズ』のトークイベントを開催!

TVアニメ『イングレス』からは、ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏と、櫻木優平監督、石井朋彦プロデューサー、森彬俊プロデューサーが登壇予定。作品紹介、企画・制作の裏話などをお話しします。

(続きを読む)

<「+Ultra」トークイベント概要>
日 時:2018年7月7日(金) 12:30~14:30(現地時間)
会 場:ロサンゼルス・コンベンションセンター(LACC)/Live Programming 4(411)
登壇者:
【TVアニメ『イングレス』】
ジョン・ハンケ氏(ナイアンティック CEO)
櫻木優平監督
クラフター 石井朋彦プロデューサー
フジテレビ 森彬俊プロデューサー

今後、イベントに関する最新情報などは、「Anime Expo」公式サイトおよび、「+Ultra」公式サイト、公式サイトにて、随時お知らせいたします。

「Anime Expo 2018」イベント情報ページ
「+Ultra」公式サイト

▽Anime Expoについて
Anime Expo(アニメ・エキスポ、AX)は北米最大の日本ポップカルチャーの祭典に、日本、米国、そして世界中のファンと業界を結集させる。1992年から毎年開催されているAnime Expoでは、日本のエンターテインメント、音楽、ファッション、ビデオゲームが主役になっている。詳細はwww.anime-expo.orgを参照。

2018.04.09:「Mission Day Fukuoka」「XM Festival Fukuoka」
アニメキャラクターによるAR舞台挨拶を実施!登壇者コメント到着!

4月7日(土)、『Ingress』のユーザーイベントである「Mission Day Fukuoka」「XM Festival Fukuoka」が、福岡市内にて開催されました。世界で2,000万回以上のダウンロードを記録する『Ingress』のリアルイベントは、これまでに世界各地で2,000回以上開催されており、昨年11月に大阪で開催されたイベントでは、約6,000人のプレイヤーが参加。2018年初(国内)となる今回のイベントでは3,000人以上のプレイヤーが参加登録し、大盛況のうちに幕を閉じました。

イベントでは、Niantic, Inc. CEOのジョン・ハンケ氏とアジア統括本部長の川島優志氏とともに、TVアニメ『イングレス』のメインキャラクター、“Makoto(マコト)”、”Sarah(サラ)”、“Jack(ジャック)”が、AR(拡張現実)技術によってステージに登壇。
川島氏からの「どちらの陣営なのか?」などといった質問に対して、ヒロインが回答をはぐらかすなど、AR上のキャラクターとのインタラクティブなコミュニケーションが行われました。
ステージにはアニメの制作を担当するクラフターから監督の櫻木優平氏、プロデューサーの石井朋彦氏も登壇。TVアニメ『イングレス』についてのトークが行われ、会場限定の映像が上映されるなど、アニメーション化された『Ingress』の世界が公開されました。

(続きを読む)

Niantic, Inc. CEO:ジョン・ハンケ
先日、クラフターのスタジオにて制作途中のムービーを見る機会があり、日本のクリエイティブチームとNiantic, Inc.のストーリークリエイターの合作による素晴らしいシナリオが、最高の映像で表現されていると実感しました。自分を含め、エージェントの皆様が思い描いているIngressの世界が映像化されつつあり、夢のような思いです。

Niantic, Inc. アジア統括本部長:川島優志
Ingressは、目には見えないけれど、たしかにそこにある何かを探し求めるものです。今回現実のステージにアニメのキャラクターがARの力で登壇しましたが、存在感を感じてもらえたと思っていますし、今回のアニメプロジェクトを通してそうした今までにない新しい体験を作り出していければと思います。本田雄氏の手がけられた作品の大ファンなので、Ingressを手がけていただけたことは本当に光栄です。素晴らしいスタッフの皆様にIngressのアニメを制作して頂けて、本当にうれしく感じています。

クラフター 監督:櫻木優平
最新のデジタル技術を使って、新しいアニメ映像に挑戦しています。日本独自のアニメーション演出と、世界中で楽しんで頂ける映像表現・ストーリーのバランスを意識し、世界へ向けたエンターテインメントとして、勝負できる作品を作っていければと思っています。

クラフター プロデューサー:石井朋彦
スタッフは実在の場所を緻密にロケハンしており、物語は現実と一緒に進行します。まるでアニメ世界が現実に起きているかのような作品作りにチャレンジしています。かつてないチャレンジに、スタッフ一同、全力で制作に挑んで参ります。

2018.04.07:ユーザーイベント「XM Festival Fukuoka」にてアニメキャラクターを世界初公開!

 4月7日(土)福岡市内にて『Ingress』のユーザーイベントである「Mission Day Fukuoka」「XM Festival Fukuoka」が開催。
イベント中、TVアニメ『イングレス』のメインキャラクター、“Makoto(マコト)”、”Sarah(サラ)”、“Jack(ジャック)”が、
AR技術によってステージに登壇!
“拡張現実エンターテインメント”ならではの舞台挨拶に、会場は興奮の渦に包まれました。



2018.04.07:TVアニメ『イングレス』メインスタッフ公開!&スタッフメコメント到着!

メインスタッフ情報・櫻木監督とスタッフのコメントが公開されました!

(続きを読む)

<STAFF>

原作:Niantic, Inc.
監督:櫻木優平
脚本:月島総記 / 月島トラ
音楽:カワイヒデヒロ
キャラクター原案:本田雄
副監督:入川慶也
CGディレクター:古川厚
美術監督:加藤浩(ととにゃん)/坂上裕文
美術監督補佐:新井帆海
モデリングディレクター:宮岡将志
アニメーションディレクター:小林丸
撮影監督:野村達哉
アニメーション制作:クラフター

<COMMENT>

Niantic, Inc. アジア統括本部長:川島優志
Nianticクリエイティブチーム一同、本当に興奮しています。
世界を魔法のような力で見せてくれるアニメの力で、冒険はアニメでもゲームでも展開していくことになるでしょう。
このアニメがエキゾチックマターの秘密を伝え、Ingressの持つ人生を変える力を全く新しい人々へ届けることを心から願っています。

クラフター 監督:櫻木優平
この度は監督を務めさせていただき、大変光栄です。
自分自身Ingressをプレイし、リアルワールドと繋がった面白さを実感しました。
どういったアニメにすれば、Ingressを知っている皆さまや、またこれから知る皆さまに、
心から楽しんでいただけるか考えながら制作を進めております。
何卒お付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

クラフター プロデューサー:石井朋彦
「あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない」
位置情報ゲームの金字塔である『Ingress』のアニメ化を担当させて頂き、日々、世界が全く違って見えることに驚き、感動しています。オリジナルキャラクターとストーリーでお届けする、現実とアニメが同時に進行する新たなエンターテインメントを、楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

閉じる

INTRODUCTION

2013年、スイスの原子核研究機構『CERN』──。
ヒッグス粒子発見の影で、ある秘密プロジェクトが発足した。
そのプロジェクトの名前は『ナイアンティック計画』。
その目的は人間の精神に干渉する未知の物質を研究することにあった。

『エキゾチック・マター(XM)』と呼ばれる事になるその物質は、
古来より人々の精神・能力に感応し、人類の歴史にさえ大きな影響を与えてきたのだった。

世界各国の機関が、秘密裏にその研究に取り組んだ。
XMは、人類の希望または脅威とされ、
大国や巨大企業による争奪戦が巻き起こってゆく。

XMの力を受け入れ、人類の進化に利用しようとする『エンライテンド』。
XMを脅威と見なし、コントロールしようとする『レジスタンス』。

世界はふたつの陣営に別れ、今も争い続けている。
この世界で起きている争いの背後には、XMの存在があったのだ。

そして、2018年──。

東京、そして世界を舞台に、XMをめぐる新たな戦いが幕をあける。

アニメーション、オンライン位置情報ゲーム、そして現実がリンクする、
かつて体験したことのない新たな「拡張現実エンターテインメント」が、始まる。

At the CERN facility in Geneva, in the shadow of discovery of the Higgs-Boson, a secret project was taking place: The Niantic Project, where scientists discovered a mysterious substance that can interface directly with the human brain.

This substance, called “Exotic Matter (XM)”, has existed since ancient times, influencing human minds and the progress of humanity.

In the wake of this discovery, a battle of powerful nations and corporate giants has been unleashed. Organizations across the globe have embarked on a secret race to exploit XM. It represents both an opportunity and a threat to humanity.

Two Factions seeks to control the XM, and through it, human destiny.
The Enlightened view XM’s power as a gift that enhances human experience and discovery.
The Resistance see XM as a hostile takeover of the human mind, choosing technology as humanity’s best path forward.

XM, and the mystery behind it, lie at the center of this battle for the fate of humanity.

2018 ──

Now, a new struggle is about to unfold in Tokyo and across the globe. Dangerous and powerful forces seeking to exploit the potential of XM will collide.

This groundbreaking project will mark the beginning of an epic augmented-reality experience combining the three elements of animation, location-based gaming, and the real world.

閉じる

STAFF

  • 原作: NIANTIC
  • 監督:櫻木優平
  • 脚本:月島総記 / 月島トラ
  • 音楽:カワイヒデヒロ
  • キャラクター原案:本田雄
  • 副監督:入川慶也
  • CGディレクター:古川厚
  • 美術監督:加藤浩(ととにゃん) / 坂上裕文
  • 美術監督補佐:新井帆海
  • モデリングディレクター:宮岡将志
  • アニメーションディレクター:小林丸
  • 撮影監督:野村達哉
  • 制作: Craftar

閉じる

閉じる